HRDQ教材

黒熊の森~チームによる意思決定学習ワーク~

img5
「黒熊の森」はマネジメント研修のためのチームで行うシミュレーションゲームです。チームのメンバーは、問題解決や意思決定、対立の解決方法を学びながら実践していきます。

特徴

チームシナジーの理解

チームメンバーが力を合わせることで生まれる相乗効果(シナジー)をゲームを通して体験しながら学ぶことができるため、実際の業務に落とし込み易いのが魅力です。

興味を掻き立てられやすいアドベンチャーシナリオ

興味を掻き立てられるアドベンチャーシナリオであり、意気投合しやすいシミュレーションゲームであるため、初めて会ったメンバー同士のチームビルディングにも最適です。

初回購入おすすめセット

スターターキット … このセットで「黒熊の森」を5名様の受講者に対して実施できます。
¥43,800 (税別・送料無料)
  • 受講者テキスト:5部
  • ファシリテータガイド:1部
例)受講者20名様の場合は、上記の「スターターキット」に加え15部の「追加受講者用テキスト」が必要となります。

内容の説明

  • 「黒熊の森」はマネジメント研修のためのチームで行うシミュレーションゲームです。チームのメンバーは、問題解決や意思決定、対立の解決方法を学びながら実践していきます。

  • 「黒熊の森」では、チームの相乗効果(シナジー)が現れたときには、単なる個の総和以上の結果を出すことができ、今日、多くの企業が目指す、組織による意思決定や戦略策定、問題解決を理解することができます。最高のパフォーマンスを出すには、チームのメンバーが互いに協力し合う姿勢と最善の努力を持って挑まなくては成し得ることはできません。チームによるシナジーが求められる組織にとっては、「黒熊の森」は最高のトレーニングツールです。シミュレーションゲームという形式のため、受講者は、穏やかな雰囲気の中で、コミュニケーションや問題解決、チームでの意思決定、対立の解決方法を学ぶことができます。また、同時にチームによるシナジーの創出方法も学ぶことができます。「黒熊の森」は特にプレッシャーが常につきまとう職務環境や、プレッシャーの中で戦略が求められる組織に適した教材です。

シナリオ

  • ノースカロライナ州のスモーキー山脈での早朝ハイキングで、あるハイキンググループが山道沿いに繁っていたブルーベリー刈りを楽しんでいました。グループの一人がかわいい黒い子熊を見つけてはしゃいだ瞬間、茂みから母グマが突然現れました。そして、リーダーに襲いかかり、リーダーを前足で殴り、爪で引っ掻いていました。
    致命的なケガを負ったリーダーは地面に倒れて、意識は無いが、呼吸はしています。胸や腕、背中に深い傷を負っています。他のメンバーは無事でしたが、リーダーが出血性ショックで死んでしまうかもしれません。楽しいハイキングは、突如として悪夢へと変わってしまいました。グループは早急にリーダーを助ける方法を見つけ出し、再び襲われる危険から逃げなければなりません。

学習効果

  • グループ内の対立のマネジメントや解決方法の学習
  • グループでの問題解決スキルの上達
  • コミュニケーション能力の上達
  • 合意による意思決定の練習
  • プレッシャーの中でのチームワークの進め方の学習
  • チームシナジーというものの経験

理論と開発

専門家による情報とHRDQ社のCEOであるBradGlaserのアパラチア山脈での実際の経験に基いて、「黒熊の森」はチームシナジーという考えを学べるように設計されています。チームシナジーとは、グループによる決断の方が、個人による決断よりも良い結果をもたらすという考えです。(Michaelson, Watson, & Black, 1989)グループでさまざまな見解を見出しながら議論し、多くの知識や情報を共有します。さらに、「黒熊の森」では、“プロセスによる損失”を学ぶことができます。これは、グループディスカッションの際、その議論において知識の豊富なメンバーがいるにもかかわらず、そのメンバーが活かされなかった結果生じる損失をいいます。集団による意思決定を行うためには、ユニークな情報はグループ全体で共有され、理解されなければいけません。(Stasser, 1992)

ゲームの用途

「黒熊の森」は単体で使うことも、より総合的なプログラムの一部として使用することもできます。また問題解決や意思決定のような様々なトピックの効果的な研修プログラムを構成することにも役立ちます。以下は用途例です。
  • チームシナジーの概念を例証する
  • 新たなチーム、或いは対立したチームのアイスブレイクに使用する
  • 険悪なムードにならない、チームワークを行う機会を設ける
  • 合意による意思決定の練習に使用する
  • 現実的な設定の中で、傾聴や様子見、対立などのコミュニケーション方法を上達させる
  • チームのファシリテーションスキルについてチームリーダー達に練習させる
  • 研修の初めや終わりに使用する
  • 「自分で考え、行動できるチームへの変化」のような、組織改革を先導する
  • 重苦しいトピックの研修・ミーティングに、楽しく盛り上がるイベントを設ける

使用方法

「黒熊の森」は、5つの戦略案と10個のバックパックに入れるアイテムを評価することでチームを試し、グループディスカッションによって進める大変効果的なシミュレーションです。評価は、初めに個人で行い、後にチームで行います。ファシリテータは冒険的なシナリオを紹介することで演習をスタートします。そして受講者は複写式回答用シートを利用して戦略とアイテムを評価します。次に、各チームで同様に、チームとしての評価を検討します。最後に学習したことを実際の業務に落とし込ませるために、ファシリテータは受講者にグループとしての活動計画を策定させます。
「黒熊の森」を研修に使用する際は、スコアの解釈やグループディスカッション、振り返り、今後の行動計画の策定におよそ1時間程予定することをおすすめします。 ファシリテータガイドは、標準的な進行タイムスケジュールからプログラムの進行方法、シミュレーションの専門家による解説、パワーポイントによるプレゼンテーションデータまで、研修を成功に導くために必要なもの全てが入っています。受講者が用いる複写式回答用シートは、受講者用テキストに入っています。

実施のために必要な商品

各トレーナーに1部のファシリテータガイドと、各受講者に1部の受講者用テキストが必要です。
※例:参加者が10名様の場合、下記の商品が必要となります。
  • スターターキット 1セット
  • 追加受講者用テキスト 5部
スターターキット … このセットで「黒熊の森」を5名様の受講者に対して実施できます。
¥43,800 (税別・送料無料)
  • 受講者テキスト:5部
  • ファシリテータガイド:1部
ファシリテータガイド
¥29,800(税別・送料無料)
追加受講者用テキスト
  • 1〜49部 ¥3,100/部
  • 50〜99部 ¥2,900/部
  • 100〜299部 ¥2,800/部
  • 300部〜 ¥2,700/部
  • (税別・送料無料)
  • 2回目以降は、より安価で運営できます。5部以上ならば、追加受講者用テキストのみ購入することができます。トレーナーを増員する場合は、ファシリテーターガイドのみ購入することができます。

  • 教材は社内の方で講師(トレーナー)ができるように設計されておりますが、ご不安な場合には弊社より講師を派遣することも可能です。

  • この教材を使用した半日、または1日の研修プログラムの企画も可能です。
    お気軽にご相談下さい。

講師派遣料
¥100,000〜(税別・遠方の場合は交通費別途)
※研修実施時間は3時間まで
  • 教材タイプ
  • シミュレーション
  • 最短所要時間
  • 60分
  • 著者
  • Bradford R. Glaser
a
  • 03-5499-4521
  • 03-5499-4170
  • お問い合せフォーム
  • お申し込みフォーム
ランキング

>ランキング一覧

ランキング
  • 面接時には見えないコミュニケーションスタイルと、知的ポテンシャルが見える。
  • 短時間のワークを通じて、チームビルディングの大切さを身につけさせられ、大変良いと思う。
  • 論理を実践で試すことができる参加型であることがとても良かった。。

>人事担当者の声一覧